上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回、フリーゲのパイロットフィギュアの加工と塗装をやってみました。
長々と書いていますので、興味ない方は最初と最後の画像だけ見て「へー、こうなったんだー。」くらいの感じで見ていただけるとよいかもしれません。


KAUZFLIEGE 028
前回、ヘッドギアまで製作していました。

KAUZFLIEGE 032
まずは顔から塗りました。はじめに濃い目の色でベースの色を塗ります。
このタミヤのフィギュアは成型色が白色なので、そのまま白目として残しておきます。
白い成型色のフィギュアには他にも良い長所がありますが、それはまた後で。

KAUZFLIEGE 034
次に先に塗った色より明るい色で明暗をつけていきます。つけていくと言っても適当に塗っているだけです。
このままではまるでゾンビのようです。

KAUZFLIEGE 035
その後、色の差がきつい所をシンナーをつけた筆で馴染ませていきます。
ついでに黒目も描いておきます。
黒目は苦手だな~。

KAUZFLIEGE 047
眉や唇にも色をつけて、なんとなく出来上がりました。
このままでは艶があるので、つや消しの缶スプレーで調整します。

KAUZFLIEGE 057
缶スプレーでコートすると、グラデーションがより柔らかい感じになります。
おでこや鼻の頭、頬に艶ありクリアーを少し塗っておくと汗ばんだ感じになって良い雰囲気になります。

KAUZFLIEGE 051
画像は現物よりも5倍位の大きさになっているので小さな埃や斑が目立ちますが、
実際目で見ると気になりません。

KAUZFLIEGE 063
うーん、かっこいい。
自分はカウツよりフリーゲの方が好きです。

KAUZFLIEGE 066
先ほど書いた、白いフィギュアの良い所というのはこの肌の透明感が出せるところです。
出来るだけ塗料を薄くすることによって本物の人間のように鼻や耳のような薄いところは光が透けて見えます。

KAUZFLIEGE 064
個人的にはプラモデルのフィギュアの成型色は絶対に白にしてほしいものです。
やはりこの透明感と目を描く時の簡単さは肌色の成型色なんかよりも断然良いです。

KAUZFLIEGE 072
ハッチを閉じたときに、パイロットが見えるか懸念しています。
念のためキットのクリアパーツを面出しして研磨もしてみたのですが、いまいち見えないですね…
リアルな世界だとミラーコートみたいな処理になるんでしょうが、個人的には全くの透明であって欲しかったです。

KAUZFLIEGE 074
さて次はヘルメットです。
少し加工していますが、左がフリーゲ・右がカウツのヘルメットです。
カウツの方は「モスピーダ」のようですね。

KAUZFLIEGE 076
ヘルメットはおでこのバイザー状の良く判らない物体を削り落とし、
視界を良くするためにのぞき穴(?)を大きくカットし、ラバーモールのようなものを追加しています。

KAUZFLIEGE 077
パイロットの体とヘルメットの間の首の部分に隙間が出来るので、蛇腹状の物を追加します。
あ、その前にボディの方も簡単に色を塗りました。
どうせハッチを閉じると見えないので、白と黒だけの2色だけです。

KAUZFLIEGE 079
本当に適当に作っています。
見えないところは手を抜いていきます。

KAUZFLIEGE 081
機体にフィギュアを乗せた時に、少し位置が低く感じたので
肩部分にパテをつめて位置を変更しています。

KAUZFLIEGE 083
うーん、いい感じになってまいりました。
テンション上がってきたぞ~!

KAUZFLIEGE 089
やっぱりあまり見えないウィンドウ。

KAUZFLIEGE 092
薄いプラ板を貼ってリング状のモールドを追加しました。

KAUZFLIEGE 095
ヘルメットとの隙間もだいぶなくなりました。
でもハッチを閉じると見えないんですけどね…

KAUZFLIEGE 097
パイロットのボディの塗装は白・黒・銀・クリーム色の4色しか使っていません。
ハッチを開けてもほとんど見えないので簡単に塗っています。

KAUZFLIEGE 102
でも、もう少し塗りこんでもいいかなと思っています。
機体の下地処理に疲れたら気分転換に塗りこんでいこうと思います。

KAUZFLIEGE 105
意図したものではないのですが、
なぜか’70sのF1ドライバーみたいな感じになってしまいました。
何でだろ?

KAUZFLIEGE 107
ヘルメットがシンプルすぎる感じがしますが、簡易的な宇宙服って解釈でもう手を加えません。
本当はヘルメットのシールドも作りたかったのですが、技術がない事とパイロットの顔が見えなくなりそうなのでやめました。


よし、次はカウツとフリーゲの本体の下地処理だー!めんどくさいなー。
でもがんばります!

今回同じような画像で長々と書いてしまいました。
全部読んでいただいた方、ありがとうございました。お疲れ様です!
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用





おっさんはいい、心に染み入る歌のようだ。
中に入れちゃうのはもったいない出来だなー。
【2009/09/28 23:24】 URL | sontoys #j5MTE4Ew[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 POWERED POWER SUITS!, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。