Selected category
All entries of this category were displayed below.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は一応、完結編です。

gstav007.jpg

チッピングやりすぎたかな?調子に乗ってバンバンやってたらバランスがおかしくなってしまいました。

gstav008.jpg

こんな感じです。

なんか不自然になってしまいました。ほんとうに難しいですね。

gstav009.jpg

これでいいのかどうか自分では判断できません。

これを見ている通りがかりの心優しい人がいましたら、批評していただけると幸いです。

ペンギンマークもこれ以上いいアイデアが思いつきませんでした。

gstav011.jpg

途中までは上手くいってたんだけどな~。何事もほどほどに。またひとつ勉強になりました。

gstav010.jpg

これから修正しても跡が残りそうなのでとりあえず、チッピングはここまで。

軽くグレーのエナメルでウォッシングをしています。

gstav012.jpg

さて、気を取り直して撮影です。

リビングに敷いてある白い絨毯の上で撮りました。

gstav015.jpg

雪の上っぽくなるかなと思いましたが、そんなに世の中上手くいくはずもありません。

どうみても絨毯の上です。ありがとうございました。あとでフォトショップで画像加工してみようかなと思っています。

gstav013.jpg

横山氏の完成品はリアルというよりは、イラストに近い仕上げをしていると思うので、自分の場合はいつも違った方向に持っていってみたいのです。

もっとリアルに仕上げるには何をしたらいいんだろう?これからの課題です。

gstav014.jpg

とりあえずグスタフの作業はここで一時停止ですね。

マシーネンって一気に完成させるよりもちょっと時間を置くと、また手を入れたくなる(良い意味で)盆栽のようなものなので、しばらく目に付くところに飾っておきます。

さて次は何を作ろうかな? ←フレーダーマウスはどうした??

スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


今日はせっかくの休みなのに雨です。花見に行こうと思ったのに~!

と、いうことで同居の者に買い物やらムーミンカフェとやらへ強制連行される予定です…

gstav027.jpg

ところで、マシーネンファンの皆様はご存知かと思いますが、クリアーグスタフについているキャノピー類は普通のグスタフより成型色が薄い!

今回グスタフ製作中にジャンクボックスの中から出てきたので途中で交換しました。個人的にはPKAもグスタフもちょっと色が濃くて違和感があったんですよね。

gstav001.jpg

どうでしょう?やはり薄い方がいいような気がします。

gstav002.jpg

あと、これも気になったのですが、グスタフのパッケージ裏を何気なく見ていたら、左手のレーザーの横の穴の中にレンズらしき物が!

何のためにあるのか判らないけど、とにかくつけてみました。

gstav003.jpg

そして塗装にもう少しアクセントをつけるためパーソナルマークとして、ペンギンを書き足すことにしました。

寒そうな塗装だからペンギン。あさはかな発想だな~

gstav004.jpg

まず、背中に一匹。

タミヤの面相筆で書きました。

gstav005.jpg

前側のは背中のペンギンより小さいので一苦労でした。

色は下地で使ったグレー、冬季迷彩用に作った白、識別帯用に作った黄色を使っています。

gstav006.jpg

なんだかペンギンだけだと寂しいな…

もうちょっと何かを書き足したい感じです。

次回はパーソナルマークの完成と汚し塗装に挑戦してみます。


冬季迷彩をすることに決めたことで迷彩についてあれこれ考える時間が増えました。

gstav024.jpg

いままで迷彩の塗装はやったことがないし(もしかしたら小学生の頃無謀にもやったかもしれないが)ましてや白い塗装って殆ど記憶にないです!

あ、去年買った∀ガンダムは白だったな~。いや、あれは成型色の上にクリアー吹いただけだったw

などと考えながらまず、白に塗る前に下地の色を塗ることにしました。

gstav025.jpg

塗装技術がなく、ハッキリした線は筆あとが残るので色の境界線をぼかしてしまいました。

これ意味無いような気が…

gstav026.jpg

まあ、雰囲気はいい感じだし、なにより「下地の塗装」なのでこれで良し!としましたw

gstav028.jpg

そしてそのまま勢いで白く塗装!!

こんなんでいいのかな~?全部ドライブラシでやったら表面がボコボコしてしまいました。

gstav029.jpg

白い色は真っ白ではなく、かなりグレーを混入しています。横山宏氏の本にありましたよね。

下地の迷彩はここで完璧に消えてしまいました…

俺の数時間を返せ~~!

gstav030.jpg

ご覧の通り、けっこう荒い仕上げになっていて不安です。

これからマーキングや部隊マークを書いたり汚しを入れたりした後、つや消しのクリアーを吹くので大丈夫だと思います。

gstav033.jpg

識別帯も入れました。やっぱりこの塗料じゃ隠蔽力が足りないですね。薄い気がします。

やり直してみようかな?

gstav034.jpg

ついでに機体番号も入れました。自分のラッキーナンバー”2”です!

濃いグレーの縁に白ラインです。

gstav035.jpg

この間買ったタミヤの細い筆で描いたんですが、どうでしょう?線がフヨフヨしてる気がしてなりません。

エロ筆ってすごく気になるけど買わなかった。使いやすいのかな~?

gstav036.jpg

だいぶ完成に近づいてきました!これから部隊マーク描いて、錆と汚しの表現です。

錆とか汚し塗装って、好きなんですよねwモチベーション維持の為、いつも最後の楽しみとして残しておくようにしています。

おまけ:うちのねこ。

gstav016.jpg

いつも生意気です。

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


前回作った女性兵士フィギュアを乗せてみました。
gstav018.jpg
あれ?なんかちょっと大きいような気がします。気のせいかな?ヘッドギアのせい?

gstav019.jpg
だんだん形になってきた!
前回寒冷地仕様にするなどと、大きなことを言ってしまった為に冬季迷彩の塗装を考えています。
gstav020.jpg
肩のアーマーはエッジを落として整形し、真鍮棒を入れ可動式にしています。
左肩のシーリングはポーズを変えられるよう、角度違いを2つつくってあります。

gstav023.jpg
そういえば作業は前後しますが、私は塗装前にデザインナイフ等でエッジを削り、ちょっとした凹みや塗装のはがれを表現するようにしています。
今回は多めに削ってみました。

gstav022.jpg
グスタフはこの背面の猫背具合がカッコいいと思っています!
背中のプリンみたいな形のパーツはジャンクボックスから適当に持ってきました。
gstav021.jpg
この下地に塗ったグレーは我が家に代々伝わる秘伝のグレーで、茶色っぽくて青っぽくて緑っぽいよく判らない色をしています。
ただ残り少なくなった色を混ぜて作っただけですがw

さて、ここまでやって冬季迷彩ってどうすればいいんだ?って疑問がわいてきました。


迷彩塗装なんてやったことが無いのです。
そこでネットを駆使して調べるとドイツ軍の戦車が自分のイメージとぴったりでした。

でもこれどこかで見たな~。と、思ったらグスタフの塗装カードに似たのがあるじゃないですか!
gstav031.jpg
gstav032.jpg

まさしく「灯台下暗し」ていうか、気づけよ俺!

ひさびさの更新です!いや、別にさぼっていた訳ではないんです。この時期「確定申告」という経営者には毎年恒例の地獄の儀式が行われているのです。

今年度も3ヶ月くらい前から準備はしていたのですが、何しろ自分がいまいち理解していないので手間取ってしまいました。

何とか昨日(書類提出最終日!)終わったのでこれからやっと製作に時間を費やせそうです。

なんんだか久々なので、まずリハビリとしてグスタフのフィギュアを完成させることにしました。

gstav046.jpg

前回まではここまで作っていましたが、何か物足りない気がしてそのまま放置していました。

その間、ウエーブからポーラーベアが発売されたので、このグスタフも寒冷地仕様にしてみようと思います。

gstav037.jpg

という訳で襟元に「ボア」を付けてみました。

これで木枯らしもバッチリ防げるはずです!

gstav038.jpg

フィギュアの加工はあまりなれていないので、ボアの表現に悩みました。

ネットで散々画像を探したあげく、こんな感じになりました。

gstav042.jpg

そしていきなり完成!

細かい部品を取り付け塗装後、つや消しクリアーの缶スプレーで仕上げています。缶スプレーで仕上げると顔の塗装のグラデーションが柔らかくなるので好んで使用していますが、塗料を乗せすぎるととんでもないことになりそうなのでいつもドキドキです。

gstav039.jpg  

作ってて思ったのですが、これなんですか?

昔、動画で見た通信機でこんなマイクを使っていたような気もするのですが、これって使い勝手はよくなさそうですよね。

何か新しいことをしようかなと思いましたが、早く完成させたかったのでスルー。

gstav041.jpg

ブリックワークスさんの作るフィギュアは少しディフォルメしてあるようですがなかなかの男前、否女前ですね~!塗装をしてても楽しいです。

ちなみに胴体下部が変な形をしているのは、本体に乗せた時のガタつきをなくす為の物です。

gstav040.jpg

ヘルメット

硬質シェルの上に布製のカバーを付けているようにしてみました。アメリカ軍がよくやってるやつですね。

でもなんだかナウシカみたいになったような気も …いやいやそんなことは~!

 

gstav017.jpg

そんな感じでこれからもボチボチがんばりますのでよろしくお願いします~!!

↑うちのネコです。俺のことが嫌いらしいので、いつもこのように咬まれます。仲良くしてくれよ~~!


1ヶ月ほど前から製作開始しているグスタフです。いろいろ調べているとなんだかいろんなバージョンが出ているんですね~。SF3D終了後Ma.kになってからの情報が途切れていたのでいまいち判りません…

gstav043.jpg

とりあえず最新のMG誌を参考にしています。

gstav044.jpg

まずはバルジ追加。MG誌の背面の写真って塗装前と塗装後って形が違うような気が…

ま、いいかカッコいい形でOK!ってことでこんな形に。ボルト取り付けが難しいな~。

gstav046.jpg

パイロット。ブリックワークスさんの傭兵軍女性ヘッドパーツにヘルメット?を加工して取り付け。まだ顔の塗装が気に入らない。

ウインドウのガードやアンテナも交換。

gstav045.jpg

もちろんサイドアーマーも追加。ちゃんとヒンジまで作りましたよ。

なぜか脇のスリットを埋めてしまった…後処理どうしましょう?

gstav047.jpg

見えなくなるのにこんなものまで追加。グスタフってシールド全部入らないですよね?この位置で正解だと思う。

もちろん窓枠も追加してます。

gstav048.jpg

手のひら、手首ともに加工。手のひらは指に変化を付けナイフでミゾほり、塗装で何とかごまかしていきます。

手首も最近の定番カスタムしてあります。PKAのカニ爪ベースを寸詰めし、腕内部にポリキャップを仕込んであります。

さて、通常完成させるのに1体2ヶ月ほどかかっているが、今回はどのくらいかかるんだろう?もう山場は越えたからあと少しだな。がんばろっと!!

あ!と、塗装か~~めんどいな~~…

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 POWERED POWER SUITS!, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。