Selected category
All entries of this category were displayed below.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて新しい年も始まり、FC2恒例の更新催促広告も出たところで更新させていただきます。
今更ですが皆様あけましておめでとうございます。
今年もふざけたワタクシを生暖かく見守ってやってくださいませ(笑)

まあ仕事の関係上、年末年始も曜日感覚もまったく無いのですが1/6にやっと今年初めての休みが取れました・・・
疲労困憊です。

今回はfgでのMa.k展示会が最後ということで製作中止していたグローサーフントを仕上げてみました。

前回はここまで出来ていました。
gh095.jpg
ほとんど形にはなっていたのですが、細かいところは全然手付かずの状態でした。

gh089.jpg
肩のアーマーはMGケンプファーから。
マシーネンに似合うかどうか判らないけどつけてみました。

gh090.jpg
最後の最後まで悩んだつま先。
画像はまだ完成してませんが、考えるだけで1週間位かかった気がします・・・


そんな訳でここから仕事が年末年始の繁忙期に入り画像はありません( ´_ゝ`)ゞ
で、突然完成です(笑)
gh158.jpg
完成してみたら何気にかっこよくて(スミマセン・・・)
沢山撮影してしまったので今回の記事は画像が多目です。

gh211.jpg
肩アーマーを上腕に付けたことにより、腕を動かした時にポーズに表情が出ていい感じです。
新しい発見でした。

gh167.jpg
背中は装甲を付けたかったのですが、ヒートプレスをやる気力が無く断念しました。

gh205.jpg
メインカメラはCDのレンズを使っているので見る角度により
透明になったり青く輝いて見えたりします。

gh226.jpg
出来るだけメカを詰め込みたかった胸部。
しかしジャンクパーツ切れでイマイチな気分です。

gh225.jpg
下半身はあまり改造はしていません。
キットのものを少しずつ手を入れています。

gh229.jpg
前腕部は両腕とも作り直しです。といってもX-Wingのエンジンですが(笑)
手首はボールジョイントとポリキャップでグリグリ動きます。
あ、手のひらはプラ板工作です。

gh224.jpg
最後まで悩んだつま先。トゥーキック攻撃用に先端が尖っています。
プラ板工作でかなり動きます。

gh178.jpg
当初、カラーリングもエイリアンに近づけようと思いましたが、
それではあまりにもベタな気がしたので(書いてて自分でも意味がわかりませんが)イルカと市街地用の色
をイメージして塗りました。

gh188.jpg
エンジン部は具がたっぷりな感じが出せて満足しています。
もっとボルトを追加すればよかった・・・

gh196.jpg
頭部のカメラのガードは真鍮線で製作。
レンズ部分は塗装後にシンナーをつけた綿棒でふき取るお手軽仕上げです。

gh243.jpg
無人機ながら生物的な曲面を取り入れることで、
敵に対する恐怖感は増すんじゃないかな~と思いながら製作しました。

gh165.jpg
こんなの街中に立っていたら怖いよね (´;ω;`)ウゥゥ

gh209.jpg
実はこの作品はここで終わりではないのです。
これからビネット作品として製作は進みます。

gh249.jpg
下を向いたポーズもギーガーの作品みたいで好きです。

gh251.jpg
あれ?同じような画像ばかりで、書いてる自分もだんだん飽きてきました。

gh268.jpg
さて、多摩川ミーティングまでに本当の完成形にしなきゃいけないのか。
がんばるぞー!


最後に。ちょっとだけ画像加工してみました。

gha1.jpg
70年代戦場写真風。

gha3.jpg
同じく70年代広告媒体風。

とりあえずグローサーフント単体ではほぼ完成!めでたしめでたし!
すぐにビネット製作に入りたいけど、なぜかうちにはMGマラサイが・・・
ちょっと息抜きしてきます~!
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


みなさまご機嫌いかがでしょうか?
私はというと、先々月に祝日が多くてサラリーが激減しておりゼツボー的に最悪な感じで過ごしております(ジャイロゼッター 風)
しかも私の仕事は年間を通して年末年始が最大の激務になるということもあり、そろそろ仕事内容が過激になってきている次第でございます。9連日で出勤とかなんなんだこの会社( ̄ω ̄;)
※その分お給料はグンと上がるはずなんですけどね!


さて、今回もラプターの続きです。
期限が決められているのでサクサク進めていきましょう。
RAPTUOR049.jpg
上腕部は日東のSAFSを使用しているので可動部分を残しつつ、エポキシパテで製作。
WAVEラプターのボディ側のポリキャップと相性抜群なのでそのまま差し込めます。

RAPTUOR062.jpg
根性棒ラックも完成。
自分のイメージ的では、電気的な何かで固定具がバカッと外れるというあいまいな脳内設定(笑)
説得力に乏しいですね~。


今回がんばって塗装手順を書いてみました。参考になれば幸いです。
RAPTUOR066.jpg
とりあえずサフ吹き後、ミドルストーンをエアブラシで吹きました。
このままだと、なんだかおもちゃっぽいです。

RAPTUOR082.jpg
次に塗装の下地が錆びっぽく変色した感じを出す為、ドライブラシでオレンジを塗ります。
その後、日焼けで退色しそうな所(主に上面)をクリーム色を混色したミドルストーンをドライブラシします。

RAPTUOR083.jpg
こんな感じです。
スモークディスチャージャーのフタは模型的表現として赤(RUM23レッド)にしてみました。

RAPTUOR090.jpg
今回モデル表面がザラザラしているのでデカールは貼りません。
その代わり手書きで機体番号と識別帯を書き込みます。

RAPTUOR094.jpg
それからチッピングや大きめの傷を施します。
このとき規則的にならないようにするのが難しいんですよね~。

RAPTUOR092.jpg
こんな感じです。まだまだ重量感やリアルさが足りません。
単色の作品なので単調にならないように色々考えながら塗装してます。

RAPTUOR102.jpg
ここからは汚し塗装です。
画像はありませんが、オイル滲みや錆を書き込んだ後、砂漠というシュチュエーションを考慮し、
パステルをエナメル溶剤で溶いたものを塗っていきます。

RAPTUOR103.jpg
この位ざらついていたほうが砂っぽくていいですね。
この場合の筆は廃棄直前の物を使います。

RAPTUOR105.jpg
適当におおもいっきり塗りまくります。
エナメルでの墨入れと同じ要領なので後で簡単にふき取れます。

RAPTUOR106.jpg
そういえばこのパステル高校生の時に使っていた物で、かれこれ20年以上前に買ったやつです。
それなのにたったこれだけしか減っていないって、どんだけ使っていないんだよ俺(-ω-;)

RAPTUOR111.jpg
とりあえずこんな感じになりました。整備でよく触りそうなとこなどは布でゴシゴシこすって艶を出しています。
ちょっとパステル乗せすぎな感じがするのでもう少し落としましょうね。

RAPTUOR117.jpg
部分的にはがれた塗装のエッヂには鉛筆で金属感を出しています。
鉛筆はお勧めです!(定着しないですが)

RAPTUOR115.jpg
おっと!忘れちゃいけないレギュレーションにあった足の裏の棒を追加しました。
歩行中という事だったので片足のみにしましたが大丈夫かな~?

RAPTUOR085.jpg
今回使った塗料はこのくらいです。あ、あとパステルか。
もっといろんな色を使いこなせれば上達するのかな?

RAPTUOR108.jpg
まあ、そんな訳で一応の完成を迎えました。
最後に塗装の善し悪しをみるためにもう少し時間を置き最終チェックをした後、完成とします。

今回は完成まで早かったな~。やはり期限を決められると製作が進みます。
いろんな皆様に感謝です!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


今月は次から次へと大変なことが起こりますよ・・・
tonoさんから重大情報を教えていただき、なんとか展示会の打ち上げには参加できるようになったのですが
今度は会社命令で展示会当日に勤務を命じられました・・・
何なんだよこの不運の連続。

仕事は16:45に終わるので速攻ダッシュで帰っても皆さんの作品が見れるかどうか?って感じです。

この怒りはナイスミドル団用のラプターにぶつけます!!!!!!

そんな訳でラプターがんばります!
dfgda 003
数年放置していたジャンクボックスから素材を選びます。
自分は積みモデラーではなく未完成モデラーなのです。

dfgda 009
適当に仮組してアイデアを練っていきました。
(もちろん練ってというほど考えてはいませんが...)

dfgda 026
で、考え付いたのが増加装甲ラプター!
まあ、ありきたりだなと思いつつも展示会参加に間に合わせるには
時間的にこれぐらいがベストだと判断しました。
グロフンもオアズケだしね!

RAPTUOR006.jpg
とりあえず、エポキシパテでおおまかな装甲を形作っていきます。
ほんと、ジャガイモみたいですね。
エンジン部についている部品は、1/35ワーゲンの部品です。

RAPTUOR017.jpg
フロント部分。
ハッチは、精密部品が詰まっていそうなのでこれからもっと大きくします。
胸部はA8/R8と同じデザインです。

RAPTUOR025.jpg
腕はA8/R8の物を使用。
この腕のデザインは結構好きなのでプラキットでも再現してほしいところです。

RAPTUOR034.jpg
装甲は無駄にボルトで取り外し可能です。
フルアーマーガンダムかよ!

RAPTUOR037.jpg
装甲を留めているボルトの穴は二段構造にし、
ボルトの頭を出にくくしています。

RAPTUOR036_20121016064549.jpg
背部左側。
腕のレーザーにつながる部分をカバーし、接続してあるラインもカバー的なものを追加。
いまいち精度がありませんが、そこはいつもの塗装で誤魔化す作戦でいきます(笑)

RAPTUOR033.jpg
なんだかかっこよくなってきた気がします(笑)


RAPTUOR040.jpg
背中が物足りない気がしたのでスモークディスチャージャーを追加しました。
マシーネンのスーツ系の機体ってAFSMk1のキット以外付いていませんよね?

RAPTUOR042.jpg
正式名称も使い方も知らないけど、根性棒もつけます。
もちろん自分ではずして自分で使うわけじゃなく、僚機の為に装備しています。

RAPTUOR043.jpg
とりあえず適当に付けた根性棒ですが、なんか斜めっててかっこ悪い・・・
やり直しです!

RAPTUOR044.jpg
後はこまごまディティールアップしています。

RAPTUOR038.jpg
何とかここまで出来ました。
今月中には工作を終わらせて、来月入ったらすぐに塗装にはいりたいですね。
そういえばミドルストーンてどんな色なんだろう?
砂漠色?もうちょっと緑っぽいのかな~?
ググルか。



それにしても・・・

ちくしょ~!会社の馬鹿やろおおおおおおおおお~~~~~~っ!!!!

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


いや~ガッカリです…物凄くガッカリです…今年一番のミスです…
なにがガッカリかというと、今年の第8回関東Ma.K.模型展示会の参加申し込みをしていなかったんです!
だって告知に気づいたの締め切り後だったんですよ…
最近、生活に追われてネットあんまり見てなかったし、fgも過疎化してるから気づきませんでしたよOTZ


そんな訳でテンションガタ落ちな中、展示会に出そうと思っていたグローサーフントも急激に製作ペースが落ちています、
gh053.jpg
展示会デビューを逃したグロフン君も首をうなだれてガッカリしています。

gh058.jpg
展示会にはこんな感じでAFS捕獲!みたいな感じで出品しようと思っていました。

gh060.jpg
ゴチャゴチャ感を出す為にパイピングを増やしています。

gh067.jpg
ニーパッドにはスパイクを追加しました。

gh070.jpg
背中には整備/調整用のデバイスらしきものを追加。

gh072.jpg
姿勢制御の為のバランサーである尻尾にも配線を追加。

gh071.jpg
脚部へのパワーパイプは位置変更予定。

gh077.jpg
頭部のカメラ類はCDかPCのハードディスクを分解したときに取っておいた物。

gh081.jpg
フィギュアとのサイズ比較。
グロフンてでかいのね…3M位あるのかな?

※とりあえず展示会には参加できそうにないので作業は一時中断しています。



おっと!忘れてはいけない関東展示会には個人出品はなくなったものの、毎年恒例となりつつある大さんの企画(白熊団改め、今年はナイスミドル団)に参加することになっているのです!
今回のレギュレーションは傭兵軍の砂漠用スーツということなので我が家のマウンテンサイクルから未完成品のスーツを引っ張り出してきました。
dfgda 003
なんか思いっきりSAFS系しか無いんですが、このあたりから適当にチョイスしましょう!

dfgda 009
とりあえず、適当に組んでみました。
左から、WAVEラプター、WAVEの旧ラプター、カステンA8/R8。

dfgda 013
予算はないが材料はあるのでWAVEラプターを使い、ラプター版A8/R8を作ろうかと思います。
ひとまずエポキシパテを盛り付けてみましたが、まるでジャガイモだな(笑)


dfgda 026
こんな感じで進めていきます。
あと一ヶ月以上もあるのでたぶん余裕で完成するでしょう。
がんばるぞ~!


関東展示会に参加できなくなったことで一番残念なのは、打ち上げに参加できないことです…
なんとかならないかな~?

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用


おっと、また広告が…
いやあ、7月は大変でした。パソコンのデータが全部なくなりましたよ。もちろんOSも再インストール。
Tamagawa Meetingはおろか関東展示会やここ3年分位の画像データは無くなりましたね~。
幸い、ほとんどの作品はこのブログやFGにUPしていたから少しはサルベージできるけどがっかりです…

そんな訳でTamagawa Meetingのときに買ったグローサーフントの製作が50%くらい進んだところから今回の記事は始まります。


Tamagawa Meetingのときに見たカンベさんの作品がとても良かったので頭の前後幅の長いグローサーフントを作ることにしました。
そこで安直な自分はあのエイリアンをイメージしてしまったので、そのまんまナンチャッテエイリアンにすることにしました。
最近ますますストレートに模型を作れなくなってきています。


そんな訳で製作記事行きま~す!
gh004.jpg
パソコン復活後、初撮影。
もう頭部と胴体はほぼ出来上がっています。
このあたりの製作画像が無くなりました。・゚゚(ノД`)

gh008.jpg
腕製作中。
Xウイングのパーツをそのまま使っています。

gh011.jpg
背部エンジン。
プラ板での工作が多いです。
今回エバーグリーン社のプラシートを使ったのですが、加工しやすくて最高です!お奨めしますよ!

gh013.jpg
頭部はグロフンをベースにTamagawa Meeting #3で頂いた
エステバリオス(だっけ?)の部品を接続して延長。

gh015.jpg
このブログを書いている時点でここまで出来ています。
まだまだやりたい事があるので完成はまだ先です。

gh016.jpg
側面。
だいぶエイリアンらしくなってきました。
尻尾もついてるしね!

gh017.jpg
背中。
フレーダーマウスのエンジンをベースに外殻フレームを製作。
燃料タンクは取り外し可能です。
排気管はF1のキットから。
先端には大きなトラックについているパタパタするヤツ(ウェザーキャップというらしい)をつけてみました。

gh019.jpg
頭部には苦手なスジ彫りを施し、F1のボディから奪ってきた曲線のきれいな部品を装着。
もっとゴチャゴチャしたいところです。

gh023.jpg
裏側。
なぜかホンダのエンジンが…

gh026.jpg
顔面。
真ん中のセンサーはCDプレーヤーの部品。
バンパー追加。

gh024.jpg
今のところ、一番面倒だった手首。
1mmの真鍮線を軸に積層プラ板を削り出しながら製作中。
もっと情報量を増やしていきます。

gh027.jpg
胴体。
F1のエンジンとプラ板で出来ています。
V10のエキゾーストが肋骨っぽく見えればいいかなと思っています。

gh030.jpg
背中と尻尾。
まだ製作中なのですが、尻尾はやりすぎじゃないかと思っています。

gh037.jpg
手首は無駄に二重関節(しかもひとつはボールジョイント!)になっているので、かめはめ波も撃てます!

gh038.jpg
こんな感じで進んでいますがいかがでしょうか?
夜の戦場でこんな奴に出会ったら嫌だな~と、思いつつ製作しています。

gh045.jpg
という訳で、パソコン復帰後の初更新でした!
ほな、バイチャ~~~!

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用


いやいや、何とかMa.K. Tamagawa Meeting #3に間に合いました。
今回、機体単品だけで飾り台も何も作っていないけど、まあ良しとしよう。


はじめにパイロットの製作
PKAAH119.jpg
KETZERのパイロットと日東ファイアーボールをあわせてみました。
だって、一から作る気力が無かったんですよ…

PKAAH129.jpg
ボディは殆ど見えないから簡単に作っています。
頭を接着せず可動式にする為、タートルネックの服にしています。

PKAAH153.jpg
そして完成。
テスト機のパイロットらしく白いヘルメットにしましたが、
実際、組み込んでみると違和感があったため最後にグリーン系で塗りなおしました。
下記参照。


そして完成!!!

PKAAH224.jpg
正面。
どれだけアパッチらしさを残すか考えながら製作しました。
なかなかかっこよくなったと思います。

PKAAH228.jpg
左側。
機体の前後の長さはKETZERと比べて短いです。

PKAAH247.jpg
右側。
高さが増して不安定になっていますが、足の裏に磁石を入れているので
ベースに金属片をおけば問題ないです。

PKAAH200.jpg
後部。
ハセガワのアパッチのキットに使えそうなパーツが沢山あったので
FLEDERMAUSのエンジンをベースに適当に詰め込んでみました。

PKAAH198.jpg
頭部。
このあたりはちょっといいかげんに作ってしまったな~と、後悔しています。
もっと知識やセンスがあればよかったんですが…

PKAAH251.jpg
搭乗員。
ヘルメットをグリーンに変更。
組みつけの時、ヘッドセットのマイクが折れてしまった為修理。

PKAAH199.jpg
腕部レーザー。
アパッチのエンジンを流用しています。
なにげに見た目よりも手間がかかっってます。

PKAAH203.jpg
脚部。
殆ど改造してません。変更はチューブ付け根と各アーマー類を少しだけ形状変更。

PKAAH223.jpg
とにかく!完成したのでよかったです。
製作期間は一ヶ月ちょっと。まだまだペースは遅いですね(笑)
今回の塗装は、パイロットと細部を除いてエアブラシで行いました。
参考にした米海軍機のカラーリングの退色具合を再現するには筆塗りでは難しいと判断した為です。
シュトラールの物でグレーが無かったので今回デカールは貼りませんでした。

PKAAH100.jpg
未完成のKETZERと。
そういえばこんなの作っていたな…
特殊部隊のKETZERという設定です。

PKAAH229.jpg
飛行形態(嘘)
こんな風に時々横にしてアパッチ具合が損なわれていないかチェックしながら製作しました。(本当!)


PKAAH238.jpg

明日(6/23)はタマガワミーティングに参加の為、これから梱包作業に入ります。
皆さんの作品、楽しみだなー!


203863-image3.jpg

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 POWERED POWER SUITS!, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。